【ママがミニ四駆初挑戦!】ニッパーの使い方を、自由皇帝 (リバティエンペラー) で覚えました

【ママがミニ四駆初挑戦!】ニッパーの使い方を、自由皇帝 (リバティエンペラー) で覚えました

こんにちは。
家族ミニ四駆.com の大林です。

妻の磨里子が最初に買ったミニ四駆、「自由皇帝 (リバティエンペラー) プレミアム ブラックスペシャル」。

プラモデル初挑戦の妻が、早速作ってみました。

ニッパーの使い方

妻に聞いたところ、これまでにプラモデルなどを作ったことがなく、ニッパーも初めて使ったとのこと。

そして妻は、このミニ四駆の組み立てで、ニッパーの使い方を覚えました^^

ニッパーの刃先は、以下のような形状になっています。
極端に図にすると、三角形が噛み合わさるような形状になっているんですね。

説明上、私はニッパーの刃先の平らな方を「背中」、角度の付いている方を「お腹」と読んでいます。

ニッパーの刃先を前から見ると、三角形みたいな形になっている

で、ミニ四駆のパーツをニッパーでカットする時には、「パーツ側にニッパーの背中を向けて切る」方が、綺麗に切れます。

ちょうど、以下のような感じですね。

ニッパーの背中を、パーツ側にして切りましょう

こうすると、パーツを切った時に、切れ端(バリ)が残らないで、綺麗に切れるのです。

ニッパーの背中がパーツ側だと、切れ端(バリ)が残らないで綺麗にカットできます

ただ、妻はニッパー初挑戦だったので、最初、ニッパーのお腹をパーツ側に向けて切っていたのです。
以下のような感じですね。

ニッパーのお腹をパーツ側にしてしまうと…

すると、パーツを切り離した時に、切れ端(バリ)が残ってしまうんですね。

切れ端(バリ)が残ってしまうんです…

再度ニッパーで切ったり、ヤスリで削ればいいのですが、それも二度手間ですよね。

なので、「パーツ側にニッパーの背中を向けて切る」ようにすることをお勧めします^^

初めてのミニ四駆組み立てに挑戦!

ニッパーの使い方も覚えたところで、いよいよミニ四駆の組み立てに挑戦した妻。

パーツも、ニッパーでパチパチ順調に切っています。

切ったパーツは、なくならないように、箱に入れておくといいですね。

リバティエンペラーのシャーシは、「スーパーIIシャーシ」です。
前後のギヤの間に、プロペラシャフトというものがあって、このプロペラシャフトを通じて、動力が前輪にも伝わる仕組みになっています。

プロペラシャフトが、動力を前輪に伝えます

タイヤのはめ込みも、真っ直ぐになるように。
斜めになっていると、走らせた時に真っ直ぐ走れないので、遅くなってしまいます。

モーターまで取り付けると、こんな感じです。
だいぶ、ミニ四駆らしくなってきましたね。

そして、ローラーなども取り付けて、ボディを載せれば完成です!

※「シールは、ゆっくりキレイに貼りたいから」という理由で、この日はシールは貼らずに終わりました。
シールを貼り終えたら、またその画像もアップしますね。

「自由皇帝 (リバティエンペラー) プレミアム ブラックスペシャル」は、黒いボディにピンク色のシャーシという、とてもおしゃれな色合いですね。

女性が好きそうな感じがします。

編集後記:妻の感想

初のミニ四駆にチャレンジした妻。
こんなことを言っていました。

磨里子
肩凝った。笑
でも、見ているだけと、自分で作るのとは、なんていうか、愛着が違うね^^

第三次ミニ四駆ブームを、ママ達にも広げる火付け役になれるか!?

磨里子の今後の活躍に期待します。笑

コメント0
CATEGORY :

この記事へのコメントをどうぞ!運営の励みになります^^

*